京都府北部にもドクターヘリ!

公立豊岡病院を拠点として、京都府北部,兵庫県北部,鳥取県をカバーするドクターヘリが4月より運航を始めるようです。365日稼働できるよう常駐の医師と看護師を各1人確保するとのこと。
すでに、ドクターヘリ準備室を1月1日付で設置、室長に済生会千里病院(大阪府吹田市)の小林誠人・千里救命救急センター救急副部長が赴任する。
ヘリは早期治療を必要とする重症患者に対し、3府県の地元消防本部から通報を受け、医師と看護師を乗せて出動する。救急現場で必要な医療措置を行い、適切な医療機関に搬送する。患者は最大2人まで乗せられる。

機体の管理と運航は民間会社に委託する方針で、3府県が負担する運航経費は他府県の実績を踏まえ総額2億1千万円を見込む。 運航経費は、3府県の利用実績に応じて年度末に精算するが、来年度当初予算案に事業費約4千万円を盛り込む。

さて、コードブルーのような救命劇が北近畿でも実現するのでしょうか。ドクターヘリに期待ですね!!!



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック