平成22年度 診療報酬改定 臨床工学技士関連

4月から、ついに平成22年度の診療報酬がスタートしますね。

我々、臨床工学技士が関わり届け出か必要な点をまとめてみました。

・医療機器安全管理料1,医療機器安全管理料2
 点数が増加しています。1は50点→100点へ。2は1000点→1100点。

・透析液水質確保加算
 新たに届け出か必要です。10点加算。
 透析機器安全管理委員会の設置。透析液安全管理者の配置。
 透析液製造担当者の配置。品質管理者の配置。 
 機器設備管理担当者の配置。

・呼吸ケアチーム加算 
 新たに届け出か必要です。150点加算。
 医師や看護師、臨床工学技士、理学療法士とそれぞれの規定に沿った者の届け出が必要。
 看護師は、おそらく救急か集中治療の専門看護師であるようです。

・在宅血液透析指導管理料

以上です。

(社)北海道臨床工学技士会に上手くまとまったものが載っているので参考にしてください。

http://plaza.umin.ac.jp/~HCEA/




臨床工学技士のための国家試験対策
星雲社
田口 雄一

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック