Bentall手術

昨日のOPは、精神的に肉体的に疲れました。

AR(大動脈閉鎖不全)に上行大動脈基部の拡張に対するBentall手術でした。

Bentall 手術は、1986年に報告された大動脈弁輪拡張症(annuloaortic ectasia: 以下AAE)に対する手術法。原法は、人工弁付人工血管を用いて大動脈弁置換を行い、冠動脈は人工血管の側面に直接吻合し、そして遠位側吻合を行い、大動脈基部を完全に置換する方法です。

当初は、すんなり人工心肺は開始でき、初回retro(心筋保護)で心停止を得て、+αでselectiveで完全に心停止。(因みに、私が心筋保護担当)
その後は、何事もなく術野でBentall手術は進み、末梢側吻合の途中からhot shot を注入し、大動脈遮断解除となる。
VTが続くのでDCを一回して戻る。 人工心肺も問題なく離脱。。。

が、、、

心臓との吻合部からの出血が制御できず、再度人工心肺へ。

ということで、もう一度OPはやり直し。。。

で、朝から深夜までOP室に入りっぱなしでした。

今日も少し疲れが残った感じで、しんどかった~。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック