本日も人工心肺業務なり。

本日は、MVR(僧帽弁置換)+TAP(三尖弁形成)+MAZE(メイズ手術)のOP業務でした。

担当はというと、心筋保護+αでした。

僧帽弁病変の写真撮影も臨床工学技士の仕事です。

漏斗胸ということで、術中は血液が胸腔に垂れ込んで終了前に2Lの血液がリザーバーに戻ってきて、急いでPump less ECUMで除水しました。脱血不良で胸腔に溜まるとあとが大変


さてさて、+αで今日は先進医療について。

先進医療手術実施施設基準の要件に臨床工学技士配置が31項目あるようです。

他の色々な施設基準もそうですが、臨床工学技士配置要件をもっと考えてほしいものです。

今現在の要件では、院内に臨床工学技士が1人さえ居れば要件はクリアと思います。

1人で、全ての業務をすることはできないですよ!いったい1人で、どれだけの業務ができるというんですかね。

重複できるのは、ここ迄というように制限してもらわないといけません。

現場にあった制度作りをしてもらいたいです。



臨床工学技士の業務と実際
楽天ブックス
商品副データ臨床工学技士必携芝本隆/川崎忠行メディカルレビュー社この著者の新着メールを登録する発行年

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック