緊急手術!大動脈解離!!!

昨日は、朝から大変でした

予定手術は、AS(大動脈狭窄症)のAVR(大動脈弁置換術)でしたが。。。

朝早くに、救急に解離疑いで受診した方がいてCT撮るなり、上行から腹部までの大動脈が解離してることが判明。

即緊急手術となり、予定手術は今日に延期に。。。

世間はGWというのに、昨日も今日も大変な臨床工学技士です。

で、解離はというと。。。

かなりヤバかったです。

導入時に急に血圧ダダ下がりになり、えらい騒ぎになりました。

そこからは、即消毒し覆布かけ開胸へとかなりのバタバタで、開胸するなり大動脈破裂してたようで大量出血。臨床工学技士も人工心肺に心筋保護に急速プライミングで準備を整え、カニュレーションできるなり人工心肺スタート。

低体温へと急速に冷却し、循環動態がハチャメチャになってて、データ合わせに苦労するし、循環維持にも苦労するしと人工心肺担当は大変でした。

なんやかんやで、循環停止を用いて上行のみの置換で終了しました。

止血は大変で、さらに血ガスもえらいことになってて心肺終了後も慌しかったですが、なんとかICUへ帰室できました。

ついでに、今日も救命でSLEの血漿交換を施行。

問題なくPEは終了でき、次回はデータを見ながら、連休明けくらいにする予定みたいです。

いや~、昨日は大変でした。。。

今日も朝からOPです



大動脈瘤・大動脈解離の臨床と病理
楽天ブックス
由谷親夫/松尾汎医学書院この著者の新着メールを登録する発行年月:2004年01月登録情報サイズ:単行

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック