体外循環技術医学会 教育セミナー in 札幌 ③

日本体外循環技術医学会3年次教育セミナーが終了しました。

本日の日程は下記の通りでした。

5. 医用材料―材料工学、人工弁、人工血管、抗血栓処理―
   テルモ株式会社 心臓血管カンパニー学術主任 寺井 大輔 先生

6. 体外循環における安全管理―関係法規と医療訴訟―
   札幌弁護士会所属 黒木法律事務所 黒木 俊郎 先生

7. 年度指定項目(実技編)―特殊体外循環の実際など―救急救命のPCPSや脳分離体外循環など
   市立札幌病院 救急救命センター     部長 鹿野 恒 先生
   慶応義塾大学病院 医用工学センター 課長 又吉 徹 先生

本日は刑事,民事訴訟の対応の仕方、救命分野のPCPSについてや脳分離体外循環について、有意義なセミナーを受講することが出来ました。

中でも、札幌市と札幌市立病院が取り組む救急救命のPCPSオーダー制度に強い感銘を受けました。

病院に搬送してからのPCPS導入決定では遅いと。

札幌市立病院では、発生現場にてPCPSの導入を決定する!!!

患者到着後、すぐさまカニューレ挿入や回路接続が行えるよう、オーダーとともに準備を開始するそうです。

事実、これによる救命率や社会復帰率が全国平均の5倍強と、格段の好成績を残しているようです。

すごいですね~

うちの地元でも、基幹病院が先見的に導入して欲しいものです。


さて、セミナーは14時くらいに終了。昼休憩はなかったこともあり、新千歳空港に向かう途中にて昼食をとりました。

回転寿司 花まる


みなさ~ん!北海道に来てまで回転寿司なんて。。。って思ってませんか???

はっきり言って、北海道内の回転寿司はかなり鮮度や味がいいですよ!

北海道にしかない珍しいネタもありますし、ネタ一つ一つがかなりの大きさ!!!

大阪の回転寿司なら2貫、いや下手したら3貫は作れる大きさのネタがのっています。

ちなみに、価格もリーズナブルです。

今回は、時鮭(ときしらず)に、そいタラバガニの内子と外子ウニボタンえびいくらなどを食べました。

みなさん、北海道にお越しの際は、一度回転寿司に行ってみて下さい。

ちなみに、この”回転寿司花まる”は、休日の食事時はかなりの行列(地元の方)ができることがありますので、ご注意を!!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック