臨床工学技士 by 田舎ッ子

アクセスカウンタ


zoom RSS 将軍家ゆかりのお寺

<<   作成日時 : 2012/05/29 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、


祖母の三回忌で地元京都府北部に帰ってきました


実家の隣町の京都府宮津市にある浄土宗大頂寺での法要。


宮津市の高台にあるこのお寺からは、


市内と宮津湾を一望できます。


本堂からの眺めはこちら
画像


そして、


この大頂寺は、


徳川将軍家(豊臣家も)ともつながりのあるお寺でして、


将軍家ゆかりのものが宝物殿に飾られています。


大頂寺の歴史は、



1606年、宮津藩主の京極高知が菩堤寺として建立したのに始まり。

京極高知の子高廣が徳川秀忠・家光の供養のために宝筐印塔(ほうきょういんとう)を建て、また御霊屋を創立しその基礎を築いている。

代々の城主によって徳川将軍の位牌がまつられた御霊屋は現在も本堂の側に現存し、家康からは6代家宣までがまつられている。

また、1759年に城主として入った本庄氏が作った、本庄家の御霊屋も別棟に現存し、同家から出た桂昌院(徳川家光側室・綱吉生母)の念持仏や歴代の位牌が安置されている。

以来、火災などの被害を受けなかったために、寺宝も数多く残り、常設の宝物館には徳川綱吉直筆の書や江戸末期の法然上人絵伝掛軸、古文書、将軍家ゆかりの漆器、また明治4年に解体された宮津城関係の写真資料なども展示されている。



まぁ、Seeing is believing ですね。


前回の大河ドラマ『江〜姫たちの戦国』の浅井三姉妹ともゆかりのあるお寺なんです。


京都府北部に立ち寄られることがありましたら、


是非行ってみてください!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

将軍家ゆかりのお寺 臨床工学技士 by 田舎ッ子/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる