命支える人工心肺操作

山陰中央新報より

~密着ルポ~ : 松江赤十字病院24時 (11)臨床工学技士

地域医療の中核を担う総合病院は、特殊な技能と知識を身に付けた多様な職能集団によって支えられている。

特に手術現場で手腕を発揮しているのが、医師の指示のもとで生命維持装置など高度な医療機器を操作し、保守点検もこなす臨床工学技士だ。

・・・



最近、


徐々にではありますがマスコミに取り上げられてきているように感じます。


都心部はもちろんのこと、


地方でも臨床工学技士活躍重要性認知度が上がっていけばいいですね


良い報道もあればそうでない報道もありますが、


最近の臨床工学技士に関する報道

・臨床工学技士の常駐病院は5% ~NHK~

・退職しているのに「専任」…医療専門学校で教員不足 ~読売新聞~

・透析液の酸素化研究 九保大・丹下助教らに賞 ~宮崎日日新聞~

・埋め込み型人工心臓 県内初手術 佐久総合病院 ~信濃毎日新聞~

・肝移植の男性患者死亡 京都大病院、態勢不備認める 増員など改善策提示 ~MSN産経ニュース~

・看護師ら3人不起訴処分 電源プラグ外れ患者死亡で仙台地検 ~MSN産経ニュース~

・通院しなくても体調管理 機器利用の心臓病患者 紀南病院 ~紀伊民報~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック