NAS HDD 交換

ここ数日続いておりました、


ウェブリブログの緊急メンテナンスがようやく終了しました。


数日間ネタがあったんですが、


こういった理由で更新できなかったわけです



さて、


1年前にNAS(Network Attached Storage)の故障について取り上げましたが、


先日もう片方のHDDが故障しちゃいました


まぁ2年近く毎日のように稼働していたHDDになりますので、


寿命を全うした感はあります。


当院で使用しているNASは、


バッファローのLS-WXL/R1シリーズになります。


もともとは、


SEAGATE社のST31000528ASという1TB×2の構造でした。


1年前に片方を、


Western Digital社のWD10EARXに交換。


今回は、


価格重視でSEAGATE社のST1000DM003に交換。


純正じゃないのでメーカー保証無いですが。。。


なんたって1TB¥25,000overは高額でしょう。


購入時に、


NASとHDD規格に注意して下さいという話だったんですが、


BUFFALOのLS-WXL/R1シリーズでは、


WD10EARXST1000DM003は交換問題なしですよ!


サクサク稼働中です


Netで調査するも、


この手の内容があまり掲載されていなかったので、


掲載することにしました。



まぁ保証外の修理になるので注意して下さいね。

あくまで事例なので、このようにうまくいかない可能性もありますのであしからず...

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック