臨床工学技士 by 田舎ッ子

アクセスカウンタ


zoom RSS 研修充実を勧告

<<   作成日時 : 2013/08/31 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日30日、


総務省より


人工呼吸器をはじめとする生命維持管理装置などの高度医療機器の研修充実を図るよう厚生労働省に勧告があったようです。


 m3.com 共同通信社より
 総務省は30日、人工呼吸器など習熟が必要な医療機器に関する病院の職員研修が不十分なため、深刻な事故につながる可能性があるとの調査結果をまとめた。防止策として全国の医療機関で研修を拡充するよう厚生労働省に改善を勧告した。

 人工呼吸器など高度な医療機器は多くの医療機関に配備されているが、定期的な研修が義務づけられているのは、大学病院など一部の病院に限られている。

 総務省が病院や診療所など143の医療機関に対して行った調査では、研修の対象外の病院で機器の使用中に電源が切れて再稼働に手間取ったり、人工透析で動脈側と静脈側の回路を逆に接続したりした事例があった。患者の死亡例はなかったが、機器の設置状況に応じて研修を実施すべきだとした。。。



来月にでも厚生労働省から通達があるんじゃないでしょうか。


生命維持管理装置を使用する施設すべてに対して研修の必須化。


記録もしっかりとしたもの作成しなさいとか。


現在まで実施している施設は、更なる充実を!


まだの施設は、これから計画立てて実施しないといけませんね。



そういえば、血漿交換膜とり間違えの医療事故の続報もありましたね。

担当医師2名&看護師1名それぞれ起訴猶予処分に決まったとか。

起訴猶予とは、

罪を犯した者に対して起訴しないことにする検察官の処分。十分な客観的嫌疑(けんぎ)があり,起訴する条件がそろっていても,犯人の性格・年齢・境遇,犯罪の軽重・情状,犯罪後の状況によって訴追を不必要と認めるときには,検察官は起訴しないことができる(刑事訴訟法248条)。

なお、起訴猶予の場合には前科ではなく前歴として記録に残り、後に別件で起訴された場合にそれが情状証拠となる。

皆さんの施設では、

この件で対策をされた方はいますかね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

研修充実を勧告 臨床工学技士 by 田舎ッ子/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる