人工心肺の事故・・・


読売新聞より

 名古屋市立大病院(名古屋市瑞穂区)は13日、2005年に行った心臓手術のミスで、70歳代の女性が脳に重大な障害を負ったと発表した。女性は今も意識が戻っていないという。

 記者会見した城卓志院長らによると、心不全などになった女性は05年3月7日、5時間40分にわたり、心臓血管外科で手術を受けた。その際、人工心肺が使われたが、動脈に血液を送る管の先端が想定より深く入ったために脳への血流が不十分となり、脳に障害を負った。

 手術に立ち会った人工心肺担当の医師や麻酔科の医師は、血圧が高いなどの異常を感じたが、投薬するなどしただけで、執刀医に伝えなかったため、結果的に執刀医は異変に気づかなかった…




人工心肺の事故です。


こんな報道を耳にすると、


体外循環技術認定士としていろいろ考えさせられるところあります。


当然ですが、


人工心肺中は患者さんの命が臨床工学技士に委ねられるのですから。


こんな現場なんですから、


他の業務よりかなり厳しく指導があるのも当然のように思えます。


いろんな地域の方の厳しい指導の噂は耳にしますが、


ある一点のみが過剰に認識されすぎているんじゃないかと。


それまでの過程もしっかり理解しないといけないんじゃないかと。


臨床工学技士というのは、


生命維持管理装置の操作を主たる業務にしているんですから、


通常とは違う厳しい指導も必要に思えます。


時代の流れから逆行しているかもしれませんがね。


気を引き締めて業務に望まないといけませんね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック