全身性エリテマトーデス (SLE)

本日の臨床工学技士業務は、昨日に引き続きPCPS+IABP

かなり厳しい状況です。Hrも徐々に出なくなってきていますし。。。

さらに、今日は全身性エリテマトーデス(SLE)の患者さんに血漿交換(PE)を施行しました。

かなりの過凝固状態で、PE施行中に回路内凝固して中断になるかもって言ってましたが、フサンを少し多めに投与し血流も出来る限り取るかたちで実施したため、何もなくすんなりと約2時間で終了しました。

次回は、金曜日の予定です。

おそらく、始まるのは夕方。終わりは21時近くになりそう。。。

金曜は心臓のOP(人工心肺有)があって、終わるの終業近くになりそう。それに、事務の上とのヒアリングもあったりと。。。

透析もありますしね。

人数少ないと大変です

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

茶々
2010年04月30日 00:49
はじめまして。
私も臨床工学技士ですが、IABPとかPCPSとか憧れです。10年近くも技士をしていますが、一度もやる機会に出会えず・・・。
独りの人が独占してやらせてもらえないです・・・。人工心肺の経験ない人には任せられないと言われ・・・。そのことで、結構悩んでいます・・・・。
なので、田舎ッ子さんの職場は憧れです。
2010年05月01日 00:33
コメントありがとうございます。
けど、循環器系の業務に携わると大変ですよ。拘束時間も長いですしね。割に合わない仕事だと思いますが、緊急の呼出があるとワクワクしますし、やり甲斐はありますね。

お悩みでしたら、転職ってのも一つの手ですね。かなり勇気は要りますが。

けど、誰だって初めは経験ないんですから、まだ透析なりやられていれば、全身管理とかもある程度は分かると思うんで、いいと思うんですが。

この記事へのトラックバック