臨床工学技士 by 田舎ッ子

アクセスカウンタ


zoom RSS 京大病院 医療ミス後の対策

<<   作成日時 : 2012/01/07 18:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年末の京大病院医療ミスの続報


京都新聞より。


京都大医学部付属病院(京都市左京区)は7日までに、医療器具の誤装着が原因で入院患者が死亡した事故を受け、専門の知識を持った臨床工学技士を増員する方針を決めた。

 京大病院では昨年11月、脳死肝移植手術を受けた50代男性患者が術後の人工透析で、透析用フィルターが入った容器(カラム)を誤装着されて死亡した。交換した当直医と看護師が、血液ろ過用のカラムを、血漿(けっしょう)分離用取り違えていた

 同病院によると、カラム交換は昼間は専門知識のある臨床工学技士が担当しているが、事故当時は夜間で技士が不在だったという。病院は臨床工学技士の配置を24時間体制とするため、採用数を増やすなどの対応をとることにした。

 一山智副病院長は「臨床工学技士の役割は重要で、人数を増やして医療の安全をさらに確保したい」と話している。


地元京都の話題なので、色々と思うことあります。


今回の医療ミスについての対策として、臨床工学技士の増員


確かに、一つの対策としてはいいと思うんですが。。。


その他の対策も必要なんじゃないでしょうか


小さいことから大きなことまで、色々あると思います。


内部の対策としては、


医師や看護師の教育も必要でしょうし、


物品の配置なども。。。


外部の対策としては、


教育側企業側法整備などなど。。。


といっても、現実は難しいこと数多くあります。


まぁ、これで京都の医療日本の医療が少しでも良い方向に進むことを望みます。


あ、京大と目と鼻の先のある京都府立医科大学病院はいかがなんでしょうね。


京都大学より臨床工学技士総数少ないと思うんですが。


って、うちの総合病院も少ないですが。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

京大病院 医療ミス後の対策 臨床工学技士 by 田舎ッ子/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる