臨床工学技士ら書類送検

すでに、うんぱるんぱさんが話題に挙げられていますが、


みなさん、覚えてますか?


時事通信より
宮城県立循環器・呼吸器病センター(同県栗原市)で昨年7月、集中治療室(ICU)の医療機器の電源コンセントが外れ、入院中の男性=当時(82)=が死亡した事故で、宮城県警捜査1課と築館署は8日、同センターの看護師(42)と臨床工学技士(48)を業務上過失致死容疑で、また異状死の届け出を怠ったとして主治医(33)を医師法違反容疑で、それぞれ書類送検した。
 同課によると、主治医は「異状死とは思わなかった」と容疑を否認しているという。
 書類送検容疑では、看護師は昨年7月24日、男性の心肺補助装置のコンセントが外れてアラームが鳴っているのに、電源を確認しないまま放置し、臨床工学技士は医療機器安全管理責任者として、職員らに対する装置の使用方法の研修などを怠り、男性を死亡させた疑い。
 また主治医は、男性の死亡について、24時間以内に所轄警察に届け出なかった疑い。


この事件で、


医療機器安全管理責任者臨床工学技士書類送検されました。。。


職員らに対する経皮的心肺補助装置の使用方法の研修など怠ったと。


厳しいですね~


医療機器安全管理責任者の肩書の重さですね




当院では、


この事故を受けてもありますが、


看護師向けのPCPSトラブルシューティングを行うようにしました。


2人1組にて、プレッシャーをかけながらのトラブルシューティング。


電源スイッチがの場所や手回しハンドルの使い方などなど。


看護師からの評価は上々でした


やはり、講義だけでなく実技(トラブルシューティングを含む)も必要です

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

うんぱるんぱ
2012年03月09日 22:16
講義よりも繰り返し実技が効果的ですよね
BLSやICLSなどのインスト法を取り入れたら良いかも...
しかし看護職員全員に行うのは大変では?
2012年03月11日 16:52
うんぱるんぱさん、コメントありがとうございます。
PCPS等の補助循環に関しては、ケアユニット限定で講習してます。使用する場所は限定されていますから。なるべく、こちらが融通をきかせて受けてもらえるようにはしますが、勤務の関係上100%は難しいですね。期間の長くとるといいのかもしれません。

この記事へのトラックバック